高橋工務株式会社

住宅の豆知識

トップ >> 住宅の豆知識 >> 家づくりの文化 >> 耐震診断表

家相


 この診断表は、阪神淡路大震災で特に被害を受けた1階部分を対象に、建築基準法の耐震規定や過去の地震被害をもとに作成されています。診断表の中から適切な数値を選んで総合点を出すことにより、おおまかな診断を行うことができます。(この表は木造在来工法による建物が対象です。)

 こちらを参考に表に数値をご記入ください。診断表はプリントアウトしてご利用ください。

地盤と基礎 基礎・地盤 良い・普通 やや悪い 非常に悪い
 
鉄筋コンクリート造布基礎 1.0 0.8 0.7
無筋コンクリート造布基礎 1.0 0.7 0.5
ひび割れのあるコンクリート造布基礎 0.7 0.5 0.3
その他の基礎(玉石・石積・ブロック積) 0.6 0.3 0.1


建物の形 整形 1.0
 
平面的に不整形 0.9
立面的に不整形 0.8


老朽度 老朽化していない 1.0
 
老朽化している 0.9
腐っていたり、シロアリに食われている 0.8


外壁の配置 外壁の4隅の全てに壁がある 1.0
 
外壁の1つの隅に壁がない 0.9
外壁の1面に壁がない 0.8
外壁の2面に壁がない 0.7


筋かい 筋かいがある 1.5
 
筋かいがない 1.0


 
※こちらを参考に計算してください。
壁の割合 1.8以上 1.5
 
1.2以上〜1.8未満 1.2
0.8以上〜1.2未満 1.0
0.5以上〜0.8未満 0.7
0.3以上〜0.5未満 0.5
0.3未満 0.3




 
 
 
 
 
 
総合評価
 

総合評価点 わが家の評価
1.5以上 倒壊することはありません。
1.0以上〜1.5未満 倒壊する危険は少ないですが専門家に精密診断を受ければなお安心です。
0.7以上〜1.0未満 やや危険ですので、専門家の精密診断を受けてください。
0.7未満 倒壊する危険がありますので、専門家と補強方法について相談してください。


ページトップ
トップページ / 会社情報 / 当社のおすすめ / 当社のこだわり / 住宅の豆知識 /高橋工務通信 / BLOG / お問い合せ

Copyright 2007 Takahashikoumu Co.,Ltd.All T Rights Reserved.